キリン一番搾り Red Bull POCARI SWEAT クーリッシュ

2022年8月6日(土)・7日(日)/11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)
千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)
終演いたしました。
ありがとうございました!
ロック・イン・ジャパン2022を終えて。
フェスの最終日の翌朝は、遅くまで目が覚めないのが普通なのですが、今朝は本番日と同じように5時半に目が覚めました。身体は今日もフェスをやる気なんだと思いました。
曇り空を見ながら、ボーッとしていると、改めて悔しい思いがこみ上げて来ます。しかし僕の仕事は、この事態を踏まえつつ未来のことを考え行動することです。
3年ぶりの開催になったロック・イン・ジャパン2022、本当に素晴らしい4日間になりました。あの空間を共につくった参加者、アーティスト、スタッフの皆さんに感謝します。
初めての会場で22万5千人の巨大フェスを開催するのはとても大変です。しかもコロナ感染が収束していない状況での開催には、たくさんの課題がありました。酷暑の中、マスク着用で熱中症のリスクを回避するのは、本当に参加者の方の高いモラルと体調管理の意識が必要でした。
参加された方はお分かりですが、見事にマスクのルールは守られていました。そして会期中の4日間、熱中症での救急車発動はありませんでした。1週目は天候にも恵まれましたが、素晴らしいことです。
3年ぶりのロック・イン・ジャパン、この空間と時間が、いかにかけがえのないものか、あそこにいた方は感じていただけたのではないか、その思いがあのピースフルな空間を作っているのでは、僕はそう思ってあの場所にずっといました。
新しい形の都市型フェスを作る、その大きな挑戦でした。向かい合った二つの巨大なステージ間を、4万人の人が移動しながらほとんどシームレスでライブを楽しむという、これまでになかった形のフェスです。混乱はないのか、しっかりエンターテイメント性は保たれるのか、やってみなければ分からない挑戦でした。結果は想像以上の成功でした。それはSNS上に溢れる参加者の皆さんの笑顔と言葉が証明してくれています。
パーク・ステージとヒルサイド・ステージのエリアも、これまでにないフェス空間設計に挑戦しました。3万人近く収用できるライブエリアに、二つのステージを立て、やはりシームレスでライブが行われる形です。エリアの中だと二つのステージがほぼどこからでも同時に見えます。
このレイアウトによってこのエリアは熱いライブ空間と、ゆっくり楽しめるチルアウト空間が共存する、新しい熱量のフェス空間になりました。
蘇我スポーツ公園のフェス会場としてのポテンシャルの高さを強く感じたエリアでした。初年度としては大きな達成感を感じることのできたロック・イン・ジャパン2022でした。と同時にこれからの大きな可能性を感じることが出来た初年度でもありました。
写真は、今回のフェスで僕が一番好きな時間と場所となった、夕方のヒルサイド・ステージ上手からエリア全体をみたものです。ここがそんな場所になることは、開催前は想像もしていませんでした。フェスは生き物だな、と思いました。次はカウントダウンでお待ちしています。去年より前に進んだ、より多幸感のあるフェスにしたいと思っています。

2022年8月13日
ROCK IN JAPAN FESTIVAL総合プロデューサー
渋谷陽一

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022、4日目が終演いたしました。
13日、最終日は台風の影響で中止となりましたので、これにて全日程が終演となります。
ご参加いただいた皆さん、4日間本当にありがとうございました。

そして、最終日にご参加いただく予定だった皆さんのことを思うと、私たちもとても悔しい気持ちです。

3年ぶり、そして千葉市蘇我スポーツ公園に会場を移して初めてのROCK IN JAPAN FESTIVALは、参加者の皆さんと一緒に、新たな一歩を踏み出すことができたと思います。
広大なステージエリアで向かい合う巨大なステージや音響システムなど、あらゆることをアップデートして皆さんをお迎えしました。入場時間の指定や規制退場、感染症対策など、守っていただかなくてはならないこともたくさんありました。ご協力ありがとうございました。
会場には4日間ずっと、久しぶりの夏フェスと音楽を、心の底から楽しむ皆さんの多幸感が溢れていました。本当にありがとうございました。

4日間にわたって参加者の皆さんからいただいたエネルギーと、最終日に参加できなかった皆さんの悔しい想いを受け止めて、私たちはさらに前へと進みたいと思います。
今回参加が叶わなかった皆さんとも、必ずまた蘇我でお会いしたいです。

参加者の皆さん、アーティストの皆さん、そして関係スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

2022年8月12日
ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局

8月13日(土)開催中止のお知らせ
明日8月13日(土)のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022 最終日は、台風8号の影響により、会場内の安全が確保できないと判断したため開催中止とさせていただきます。

<8月13日(土) 1日券・セット券をご購入のお客様へ>
チケットの払い戻しにつきましては、8月下旬に改めてご案内させていただきます。
「Jフェス」アプリ上の電子チケットは8月14日(日)以降に非表示となりますが、払い戻しには影響ございません。ご購入履歴を元に対応させていただきます。

<8月13日(土)受け取りのオフィシャルグッズ事前予約にてご購入済みのお客様へ>
今後の対応につきましては、後日改めて該当のお客様にお知らせいたします。

2022年8月12日
ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局
2022年8月6日(土)・7日(日)/11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)
千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)
開場 8:00/開演 10:05/終演 21:00(各日とも予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)

主催:ロッキング・オン・ジャパン/サンライズプロモーション東京
企画制作:ロッキング・オン・ジャパン
後援:千葉県/千葉市/TOKYO FM/フジテレビジョン
協賛:キリン一番搾り/レッドブル・ジャパン/POCARI SWEAT/クーリッシュ
感染症対策協力:ICheck/ノンウィル
協力:ジェフユナイテッド株式会社/株式会社千葉マリンスタジアム/東日本旅客鉄道株式会社 千葉支社/TSUTAYA × BOOK-ACE/ぴあ/セブン-イレブン・ジャパン/PERIE

※ダイブ等の危険行為を固く禁止いたします。ダイブを行った参加者には退場等の厳重な措置をとらせていただきますので、予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症対策に伴い、モッシュ・サークル・ハイタッチなど、周囲との接触につながる行為は禁止いたします。感染症対策に関連する会場内での注意事項に従わない方は、強制的に退場していただくか、入場をお断りする場合がございます。また、禁止行為によりケガ・事故等が生じた場合は、当事者間で解決をしていただきます。

GUIDES
協 賛
感染症対策協力
お知らせ
チケット
出演アーティスト
タイムテーブル
オフィシャルグッズ
開催概要・注意事項
感染症対策
会場へのアクセス
エリアマップ
飲食出店
過去の開催概要
よくあるご質問・お問い合わせ