フェスティバル専用駐車場

利用時間:7:00〜23:00

OK!
  • 途中で荷物を取りにくる。
  • 開演後に利用(来場)する
  • 終演前に帰る。
NG!
  • 夜間(翌日迄)留めておく。
  • 一度出たあとに再度留める。
  • 駐車券を持ってない。
  • マイクロバスやキャンピングカーで来る。

終演後は係員が誘導します。無理に出ようとせず、指示に従って下さい。なお、出庫には時間がかかる場合があります。ご了承下さい。
必ず前売り駐車券を購入して下さい!!
路上駐車は渋滞の原因となります。絶対止めて下さい!!
会場への送迎車の停車場所はございません。ご了承下さい!!

FES会場が近づくと…
・案内看板発見!
・STAFFの指示通り停めよう
・駐車場を出ると…FES入場口!!

-BACK-


翼のゲート(リストバンド交換所)

両翼100mの翼のゲート(西口)がフェスティバル会場への入場口。ここでチケットとリストバンドを交換してから入場となります。
入場は翼のゲートからのみとなります。
開場時のゲートはかなり混み合います。係員の指示に従って並びましょう。
シャトルバス発着所(勝田/水戸駅〜会場間)や、ツアーセンター窓口もゲート入口にあります。

ゲートをくぐると…
・階段が!! 走ると危険。係員に従ってゆっくり歩いてください。
・階段の下にはインフォメーション。そして正面にはLAKEステージ!!

-BACK-


LAKE STAGE

水のステージと呼ばれるLAKEステージ。ステージの後方には大きな噴水があります。ステージの前は直径40mの円形・石張りの「スタンディングゾーン」とその周囲を階段状に取り囲む「シートゾーン」に分かれています。また、シートゾーンの最後方には休憩テントがあり日陰をつくってます。もちろん飲食ブースもパワーアップ!!盛り上がり疲れたらシートゾーンで座りながらライブを楽しむ&水分・栄養補給をする、など自己管理はしっかりと!自分のペースで楽しんで下さい。
LAKE STAGEは状況により入場を規制する場合があります。
また混雑してきた場合にはシートゾーンのお客様にもお立ち頂く場合があります。ご了承下さい。

去年はトイレに行きたかったけど入場規制が心配だった…というお客様、申し訳ありませんでした&今年はご安心下さい!LAKESTAGE会場内からもご利用頂ける仮設トイレを設置予定です。

LAKE STAGEは…
・ステージから客席を見渡すとこんな感じ。正面がスタンディングゾーン、上のほうに見えるのが翼のゲートです。
・LAKE STAGEの後方には噴水があります。噴水側からステージを眺めるとこんな感じ。

-BACK-


ひたちなか市場 みなと屋 (たまごの森内)

木々(ひたち海浜公園には緑がいっぱいあります)に囲まれた憩いのスペース、たまごの森にひたちなか市場みなと屋 出現!! 地元の名産品(海の幸、新鮮な野菜などなど)を販売予定です。疲れた体を癒す憩いのスペースとなること間違いなし!! お楽しみに!!

・昨年はここで休憩する人も多かったたまごの森

-BACK-


そよかぜ橋

GRASS STAGEとLAKE STAGEをつなぐ橋。GRASS STAGE〜LAKE STAGE間は徒歩で約15分くらいかかります。

・GRASS〜LAKEをつなぐ橋。

-BACK-


観覧車

海浜公園が近づいてくるとまず目に飛び込んでくるのが、巨大観覧車。ぴょんぴょん橋のすぐ近くにあり、高さは海抜100m。天気の良い日ならGRASS STAGEはもちろん、その向こうに太平洋を望む事も出来ます。ちなみにこの観覧車は公園内「プレジャーランド」の乗り物のひとつ。プレジャーランドには他にもいろいろな乗り物があるので、寄ってみるもの良いかもしれませんね。気になる人はひたち海浜公園HPでチェック!!

・RIJFの隠れた名物!? 「ガーデンプレイス」
・観覧車上空からはGRASS STAGEの全景が! 圧巻です。

-BACK-


ぴょんぴょん橋

GRASS STAGEへの入口。この橋を渡るといよいよGRASS ステージが!危険ですから決して前の人を押したり、走ったりしないで下さいね。特に終演後は足元が暗いので走るとても危険!! 絶対に押したりするのはやめましょう。

橋を渡ると…
・昨年の様子。この先にはいよいよGRASS STAGEが!!
公園のマスコット・キャラクターの「海くん」がお出迎え。

-BACK-


GRASS STAGE

ステージの前は「スタンディングゾーン」「シートゾーン」「テント・パラソルゾーン」の3つに分かれています。テント・パラソルゾーンの後にはたくさんの休憩テントが取り囲んで日陰をつくってます。パラソルやタープ等を持参してきた人はテント・パラソルゾーンへ。ライブを聞きながらのんびりお食事、時にはお昼寝…などフェスティバルならではの醍醐味を是非堪能して下さい。その他にもDJブース、物販エリア、ネットブース、ROライブラリーなど見どころはたくさん!各ゾーンを行き来したりいろいろなブース・エリアを覗いたり、自分だけの楽しみ方をみつけて下さい。但し好天時の日差しはかなり強いのでご注意。日射病なんてことにならないよう帽子は必須アイテムです!!

GRASS STAGEは…
・ステージ前方のいわゆる「モッシュスペース」は人・人・人!!
・ 終演後は安全確保の為、規制退場とさせていただく場合があります。ご了承下さい。

-BACK-


ハングリーフィールド

GRASS STAGE側の飲食エリアは、より快適なスペース目指して大移動&名称も一新。木々に囲まれながら空腹を満たす寛ぎの空間=ハングリーフィールドとして登場です!! もちろん昨年同様、地元の方のお店を始め、世界各国の料理まで多種多様の食べ物/飲み物がお楽しみ頂けます。

気になるメニューは…数ある中からPICK UP!!
しっかり食べたい!!時は…
ケバブ各種、タイラーメン、豚肉ライス、各国のカレー各種、パコラ、台湾焼麺、飲茶各種、冷やしぶっかけラーメン、ぶっかけうどん、ジャンボとんかつスティック、ミーゴレン、ホットドック、山菜まぜご飯、串さつまあげ、海鮮五目丼、韓国チヂミ、味噌おでん、深川・豚肉丼、揚げパン・もち、冷トマトし、ホタテ(焼く)、梅茶漬け など
軽く食べたい&デザート系は…
梅酒(七年)、ところてん、白玉ぜんざい、カクテル各種、フローズン各種、ドリンク各種、アイスクリーム 、タピオカココナッツミルク、かち割り など

・今年は緑の中に飲食エリアが大移動

-BACK-


シャトルバス発着場(勝田・水戸駅・阿字ヶ浦〜会場間)

JRをご利用のお客様は、最寄り駅(勝田/水戸駅)から会場まではシャトルバスをご利用下さい。
詳細はACCESSで確認

-BACK-


会場発東京駅直行バス乗り場/ツアーバス乗り場

終演後、会場発東京駅直行バスをご利用になるお客様及び、オフィシャルツアーのお客様はここからバスに乗っていただきます。当日は会場内に案内看板&係員に従って乗り場までお進み下さい。

-BACK-


シーサイドトレイン乗り場

知る人ぞ知る、会場内を走るシーサイドトレイン。GRASS〜LAKEをつないで運行しています。歩きつかれたら利用してみても良いかもしれませんね。

・乗車賃は1回100円。

-BACK-



休憩テント

「万里の長城のように繋がれ!」との願いを込めて、今年も大量に増設します。GRASS STAGEはテントパラソルゾーンの後方、LAKE STAGEはシートゾーン後方に、テントがずらーっと並びます。なお、テント内で、レジャーシートはご使用頂けません。より多くの人に利用していただけるよう、みなさんのご協力をお願いします。

禁止事項:テント内でのレジャーシートの使用、場所取り

-BACK-


飲食ブース

より快適なスペースを目指し、LAKE STAGEの飲食ブースもスペース拡大!昨年以上のお店がさまざまな食べ物/飲み物を用意してくれています。栄養補給・水分補給はここでどうぞ。

-BACK-


Apple ネットブース

毎年大好評のクイックレポート(FES.ライブレポート)はここでチェック!現地からのリアルな声も是非メッセージボードに書き込んで下さい。

-BACK-


オフィシャルグッズ

GRASS/LAKEともに、昨年までとは場所を移動しより広いスペースでの販売です。
恒例のパンフレットやTシャツはもちろん、注目アイテムも登場!

*詳細はGOODSにてご確認下さい。

-BACK-



アーティストグッズ

当日出演アーティストのグッズを販売(一部販売無しのアーティストもございます)。
*詳細はGOODSにてご確認下さい。

-BACK-


HMV DJ BOOTH

第3のステージとして毎年ご好評いただいているDJブース、今年もいっそうパワーアップして登場。参加DJの中にはフェスに出演していただくアーティストはもちろん、なんとこのブースに出演するためだけにやってきてくれるアーティスト&バンドも!!毎年楽しみにしてくれてる人もまだDJブース未体験の人も、要チェックのスペースとなること間違いなし!当日はみんなで踊り&盛り上がりまくって下さい。

*詳細はTIMETABLEでご確認下さい。

-BACK-



インフォメーション

「会場内で荷物を拾った/落とした」「迷子になった」場合はまずこのテントへ。その他困った事があった場合にもこちらでお尋ね下さい。

-BACK-


rockin'on ライブラリー

ロッキング・オンで刊行している雑誌や書籍を自由に閲覧いただけます。いろいろなアーティストの懐かしい写真や記事も発見できるかも!?
なお、当日は1部雑誌・書籍、及びオフィシャルパンフレットを販売。

-BACK-



救護テント

毎年、救護テントを利用される方の主な症状は暑さ(直射日光)による熱中症。みなさん、くれぐれも帽子持参で来て下さい!また、疲れたら早めに日陰で休む・水分補給をする等、気分が悪くなる前に自分で判断して下さいね。

-BACK-



車椅子用スペース

車椅子の方にもご覧頂けるようにGRASS STAGEのテント・パラソルゾーン前方にスペースを設けております。分からない場合等はSTAFFまでお声をかけて下さい。LAKEステージでもスタッフに声をかけていただければ、見える場所にご案内致します。

-BACK-


常設トイレ

会場内にはいくつかの常設トイレもあります(身障者用トイレもあります)。

-BACK-


仮設トイレ

初年度からずっとこだわりつづけてきているのがこの「仮設トイレ=別名:JAPAN.FESのモアイ像」。今年ももちろん多数設置予定。

-BACK-


クローク

出し入れ自由のクロークは今年も設置。身軽でLIVEを楽しみたいという人、宿泊用の荷物が邪魔という人、GOODSをいっぱい買ってしまったという人、是非ご利用下さい。

料  金:1,000円 (途中の荷物の取り出し可能)
利用時間:9:00〜フェスティバル終演後
利用方法:
1.クロークチケットを購入する。
クロークチケット販売所でお金を支払い、チケットとビニール袋を受け取る。荷物はビニール袋に入れる。
2.荷物預かり所で預ける。
クロークチケットと同じ色のクロークテントに並ぶ(チケットは色分けされている)。係員にクロークチケットとビニールに入れた荷物を渡す。
3.引換券(預かり券)を受け取る。
荷物と引換に、引換券(荷物に貼ったクロークチケットと同じ色)を受け取る。
この引換券は荷物の出し入れや引き取りの時に必要。絶対に無くさないこと!!
注意事項:
引換券と同じ色のクロークテントに荷物は預けましょう。引換券は荷物をお引渡しする際の証明となるものです。絶対に無くさないで下さい。
クロークチケットはご購入頂いた当日のみ有効です。
ビニール袋の大きさは70gです。ビニール袋に入らないものはお預かり出来ません。
貴重品・現金等はお預かり出来ません。また紛失の際の責任は負いかねます。

-BACK-


日程――2003年8月1日(金)、2日(土)、3日(日)
時間――開場9:00 開演11:00 終演20:30(各日共予定)*雨天決行(荒天の場合は中止)
会場――茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園
お問合せ――ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局
0180-993-611(24時間テープ対応、PHS不可)
ロック・イン・ジャパン・フェスティバルのWEBサイトは、PC、携帯どちらもhttp://www.rijfes.co.jp/