• 開催発表に際してすでにお伝えしているとおり、今年のROCK IN JAPAN FESTIVALは国営ひたち海浜公園内の使用エリアを拡大し、大幅なレイアウト変更をおこないます。
    その全貌がわかる全体エリアマップを公開しました。

    今年のROCK IN JAPAN FESTIVALでは、これまで一つだったGRASSエリアとLAKEエリアを行き来するルートを二つにします。そよかぜ橋を通る16年間変わらないおなじみのルートを「そよかぜルート」、まつかぜ橋を通る今回新設するルートを「まつかぜルート」と名付けました。また、2012年から開催期間中は運休としていたシーサイドトレインの運行を復活させます。まつかぜルートの新設により、シーサイドトレインの運行と干渉するそよかぜルートの混雑を緩和し、安全を確保できると判断したからです。移動手段が増えることで、会場内をより快適に回遊していただけると思います。

    さらに、新設するまつかぜルート沿いに、新しく「HILLSIDE STAGE」をつくります。GRASSエリアとLAKEエリアの中間に位置する小高い丘のそばにあるステージです。隣接する飲食エリアとしてケータリングカーによる「HILLSIDE CAFE」も登場します。ROCK IN JAPAN FESTIVALに誕生する新たな風景を楽しみにしていてください。

    詳細のエリアマップは後日公開予定です。
    全体エリアマップはこちらをご覧ください。http://rijfes.jp/2016/areamap

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016事務局