E 4:30 RHYMESTER
G 4:22 曽我部恵一
M 2:42〜 THC!!/BAZRA
G 1:05 グループ魂/ART-SCHOOL/syrup16g
E 3:15 BACK DROP BOMB
M 22:31〜 SPARTA LOCALS/BEAT CRUSADERS/椿屋四重奏/ランクヘッド
E 2:01 B-DASH
E 0:47 KREVA
E 23:15 忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
G 21:15〜 LOST IN TIME/THE BACK HORN/サンボマスター
E 21:52 THE MAD CAPSULE MARKETS
E 20:43 東京スカパラダイスオーケストラ
M 18:33 勝手にしやがれ/つばき/Ces Chiens(早川義夫&佐久間正英)/つじあやの
E 19:23 佐野元春and The Hobo King Band
G 17:59 POLYSICS/MCU&浜崎貴司/Salyu
E 18:00 くるり



      

 年明け1発目は、CDJまさかの初出演、宮藤官九郎率いるグループ魂! まず、白い羽織袴姿の港カヲルが一声「今年のオッパイ元気!?」、対して大入り満員のフロア、沸く沸く!……って、おいおいみんなロック・フェス見に来てるんじゃないのか!? 雪崩込むように他のメンバー登場、官九郎のギターが唸り、阿部サダヲのシャウトが響くドライヴ感バリバリのロックンロールがフロアを制圧! 人名交えたネタが飛び、ハンガーが投げられ、大団扇が舞い、仕舞いにはオーディエンス巻き込んでコール&レスポンス・ネタ。何なんだあんた達!? とんでもなく初笑い狂いました。アンセム“竹内力”では「力! 力!」と熱い拳がそこらじゅうを埋め尽くし、“就職しやがれ”では「就職しろ〜oioioi!」コールが勇ましく木霊し、締めは三三七拍子。その光景は紛れもなくロックだった……のか!? 

 グループ魂の時間オーバーの熱演で若干押してはじまったART-SCHOOLは、あんな強烈なパフォーマンスの後にも関わらず、その場を一瞬で儚く甘美な空気に染め上げた。理樹の千切れそうな咆哮と、もつれ合う繊細なギターが、深夜に似合う切なさを醸し出す。昨年のCDJは前メンバーでのラスト・ライヴだった。あれから1年。メンバーは変われど、彼ら独特の空気は何ら変わりない。そこが何より彼らの強みだ。ちょっと緊張してるのか、何度も「ART-SCHOOLです」と自己紹介する理樹。その不器用さが、逆に彼らがリアルであることの証に映った。ラスト、4人で向き合って音を合わせた時、その色っぽいほどの獰猛さに何ともドキっとさせられた。今回はお馴染みの楽曲で固めてたけど、2005年の新展開にも期待できそうだ。
 はじまる前に「前の方にお詰め下さい」と声が掛かったほど、たくさん人が集まったsyrup16g。暗闇のなか「ハロゥ〜!」と五十嵐の絶叫が響き渡り、“パープルムカデ”へ。掠れるのも厭わないほどに気迫の篭った声を響かせる五十嵐。「2005年もいい年にしような……生きてたら」なんてらしい新年の挨拶の後は、新曲を披露。 終始暗めの照明のなか、正月もフェスも関係ない、とにかく濃い己を露にして見る者を圧倒するかのようなステージを繰り広げる。ラストの“リアル”ではイントロを「もう一回失敗したら死にます」と真剣に言い放ってやり直していた。不敵で壮絶な時間だった。2月19日にはJAPAN CIRCUITへの出演も決定しているのでお楽しみに! さあ、次はいよいよラスト・アクトだ。(高橋美穂)




グループ魂 ART-SCHOOL syrup16g
1 グループ魂のテーマ
2 グラビア29時
3 チャーのフェンダー
4 東北の魂
5 竹内力
6 荒ぶる日本の魂たち
7 Over 30 Do The 魂
8 就職しやがれ!
1 RAIN SONG
2 水の中のナイフ
3 スカーレット
4 クロエ
5 あと10秒で
6 EVIL
7 プール
8 サッドマシーン
9 ロリータ キルズ ミー
10 車輪の下

1 パープルムカデ
2 空をなくす
3 新曲
4 真空
5 もういいって
6 I.N.M
7 神のカルマ
8 Sonic Disorder
9 リアル

THANK YOU!! SEE YOU THIS SUMMER!!
会場レポート(DJ BOOTH篇)
会場レポート(あけおめ篇 2)
会場レポート(弾き語りゲリラライヴ篇 2)
会場レポート(弾き語りゲリラライヴ篇 1)
会場レポート(あけおめ篇 1)
会場レポート(年越し篇)
会場レポート(お客さんの声篇 2)
会場レポート(HMVブース篇)
会場レポート(お客さんの声篇 1)
GALAXY STAGEもスタート!
最終日EARTH STAGEスタート!
ご来場される皆様へ